マイホームの購入は不動産会社を頼ろう|価値ある物件探し

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいを守るには

紙幣

プロに依頼を

東京で良く耳にする任意売却とは一体何でしょうか。任意売却が必要になった場合、一般的には住宅ローンが行き詰った状態のため住まいから引っ越しを必要とします。しかし、急なトラブルで住宅ローンの返済がストップしたうえ、引っ越しもとなると負担が激増します。場合によっては入院などで引っ越し作業がままならないことも十分に考えられるでしょう。そんな時に、住まいを守りながら任意整理を行うという画期的な方法があります。でも任意売却の際に一体どのような方法をとれば、住まいを守ることが出来るのでしょうか。基本的に任意売却はあくまでも売却扱いですから引越しが条件となります。しかし、強制的に売却される競売とは異なりますから、依頼者である債務者の負担が少ない状態になるまで待ってくれるケースがあるのです。1つ1つ整理がついてからの引っ越しは交渉次第です。

競売になる前に

住宅ローンは約半年の滞納期間を超えると、債務超過による競売対象とみなされます。東京問わず全国も同様で、競売に移行してしまうといわゆる差押えになります。そうなる前に任意売却の手続きを行うことが大切です。任意売却で得た収益を完済にまわせるようになるので、既に住宅ローン以外の滞納もある方は返済期間の長い住宅ローンにめどをつけるようにしましょう。条件が整えば、身内への売買を求めるケースもあります。例えば子供夫婦に売却したい、なども条件次第です。金融機関によっては身内への売買を認めないケースもあります。東京で任意売却を検討する場合、まずは無料相談を行っているプロに依頼しましょう。東京には優良業者が多数おり、周囲にわからないように引っ越し完了までアシストしてくれる業者もいます。