マイホームの購入は不動産会社を頼ろう|価値ある物件探し

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

解決方法はさまざま

そろばんと硬貨

原則となる対処法

日本では、雇用の流動性が続いています。大阪も例外ではありません。長期のローンを借りている場合には、収入が減るような事態になるかもしれません。万一、このような事態に遭遇し、住宅ローン滞納となった場合には、次のような対応を検討してみましょう。まず、最初に検討すべきことは、住宅ローンの借り換えです。これは、現在の金融機関から、より金利の低い他の金融機関に切り替える手続きです。住宅ローン金利が下がる中、検討する価値が高い方法です。うまく借り換え制度を活用すれば、大きく返済額を減らせるでしょう。大阪には、メガバンクをはじめ多様な金融機関があります。そして、低金利なネット銀行も注目に値します。ご自身での手続きが厳しい場合には、司法書士などに相談してみると良いでしょう。無料相談サービスを行う司法書士事務所は、大阪にはたくさんあります。続いて検討すべきことは、金融機関への相談です。住宅ローン滞納の原因が、一時的なものであれば、返済計画の見直しが行われます。当面は利息のみの返済で可能としたり、返済期間を延長するなどの措置がとられます。

債務整理や任意売却

もし、住宅ローンの借り換えや、金融機関への相談でうまくいかない場合について、検討していきましょう。この場合、債務整理や任意売却という手段をとります。まず、債務整理とは、大きく任意整理、個人再生、自己破産に分けられます。このうち、任意整理や個人再生は住宅を手放さなくても返済額を減らすことが出来る方法です。司法書士や弁護士が交渉に当たることで、大きな効果が得られるものです。大阪には、この分野に強い法律家がたくさんいますし、報酬手頃な事務所もあります。住宅ローン滞納を解決する1つの有効な手段として、検討をしてみましょう。最後に、住宅を手放す手段として、自己破産と任意売却が挙げられます。これらは、住宅ローン滞納を解決する最終手段として捉えておきましょう。自己破産は、借金から自由になる手続きです。返済額が大きく、今後も返済の見込みがない場合に活用すると効果的です。一方で、任意売却は、金融機関と相談して、対象となる住宅を売却する仕組みです。競売に比べると、高く売れるメリットがあります。